スウェーデン・フィンランド・イタリア・トルコ周遊+食日記

Sweden/Finland/Italy/Turkey4カ国2ヶ月間の周遊記。 バックパッカーのためのホステルレビューつき。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10年(以上?)ぶりにヘルシンキでお友達に再会

Tuesday, 12 Sep. Helsinki


朝目覚めてデッキにでると、一面霧だった。寒々しいぃ!でもヘルシンキが近づくにつれ、天気がよくなっていく。遠くに見えていた白い大聖堂が近づいてくる。時差が1時間あるので時計を進める。これで、10時前にヘルシンキに到着ってことになるわけですね。

港について、街までのトラムを待ったけど、なかなか来ないし混んでるし、街は案外近そうだったので荷物をかついだまま歩き出す。15分ほど歩くと、マーケットが立っている港脇の広場にでた。ここまで来れば、宿はすぐそばのはず。ヘルシンキは思ったよりずっと小さな街だった。大通りを横切って、本日の宿、Hotel Mekkaに到着。今日はここで、4時に日本から来る友達と再会する予定。彼女は古い友達で、ずいぶん長いこと会ってない。多分10年以上は。毎年2-3回メールをやりとりするくらいだったけど、彼女がフィンランドに何回か旅行したことを知っていたので、プランニングをしてるとき、どこかお薦めの場所はないかメールできいてみた。「ついでにさー、のびりんも休みとってフィンランドに来ればー?」と冗談めかして書いてみたら、ほんとに休みとりました。この人。うーん、フットワーク軽くていいねえ。

フィンランドのスケジュールは結構キツキツなので、あまり街ブラする暇もない。駆け足でmarimekkoのファクトリー・ショップとシベリウス公園とテンペリアウキオ教会を巡って、4時までにホテルに戻る。長年会ってないどころか声も聞いていなかった友達に、ヘルシンキの安宿で再会しようとはね。なんだかおかしくなって半笑い気味で部屋のドアをノックしたら、友達が出てきた。いやー、全然とはいわないけど、変わってないわ。久しぶりとはいえ、何らかの形でつながってる友達ってのは、何年ブランクがあいても、二言三言交わせば違和感なんて全然ない。

私はまだ観ていないんだけど、映画「かもめ食堂」の舞台となった食堂は、今でもヘルシンキで営業している。じゃあ今日はそこでごはんを食べよう、とのびりんと一緒に歩いて行ったけど、残念ながらお店は夕方6時に営業を終えていた。なんだかんだべらべらしゃべりまくりながら街を歩いたりごはんを食べたり。話はつきなかったけど、なにしろ明日は朝5時半の飛行機に乗ってラップランドへ向かいます。3時起きです(笑)。とゆーわけで早めに就寝。
et094.gif


本日のお宿↓


Hotel Mekka 27ユーロ(ひとりあたり)
ヘルシンキは安宿がなーい!翌日が早いので、この日はドミトリーは避けました。で、探した中で最安値だったのがここ。Hotel Mekkaは街の中心から歩いて数分のとても便利なロケーション。お部屋はなかなか広くて、古いけどかわいらしい。共同のシャワーとトイレは、見た目はちょっとヤバそうに古い(笑)。でも清潔にはしてあるし、支障なく使えます。スタッフのお兄さん(男前)とお姉さんはとっても感じがいいです。
スポンサーサイト

| フィンランド | 01:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

わー、のんびりしてきもちよさそうですね!
カモメ食堂もいいですねー!たべれなかったのは残念ですね。
しかし一番気になるのは、「男前」かも(笑

| FUMI | 2006/11/25 12:37 | URL | ≫ EDIT

>FUMIさま
かもめ食堂、早くみたいんですよー。キャストもいいしねー。
男前のお兄さんは、美形というよりかわいこちゃんタイプでした(こーゆーことはきっちり覚えている)。フィンランドの人ってもーちょっとクールな感じかと思ってたんですが、思ったよりきさくに声をかけてきて、結構話し好きで、いろいろ親切にしてもらいました。このあたりはおいおい。

| miyuki | 2006/11/26 00:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://vackersno.blog83.fc2.com/tb.php/10-7da58d69

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。