FC2ブログ

スウェーデン・フィンランド・イタリア・トルコ周遊+食日記

Sweden/Finland/Italy/Turkey4カ国2ヶ月間の周遊記。 バックパッカーのためのホステルレビューつき。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナゾのおじさん

Friday, 15 Sep. Visatupa

et144.gif


森の中でおじさんが指差した先には・・・トナカイさんの骸骨が木にひっかかっていた。ひえ~!
おじさんは「ほら、かっこいいだろ、そこに並びなさい」と、ゆーけども・・・いや、この写真は欲しくない。せっかく連れてきてもらったけど、いや、これはいい、と断わって、一緒にまた車道に帰ってきた。この道沿いには家が何軒か建っているので、車が時折通る。おじさんはいちいち運転手さんにやあやあと親しげに挨拶をする。

それじゃ、ありがとう、と宿に帰ろうとすると、おじさんは車道の先を指差して、あっちに行って見ましょう、とおっしゃる。道の先になにがあるのか?きいてみるけどなんだかよくわからない。とにかくいいものがある、といいたげなので、再び、まあヒマだし一緒に歩いていくことにした。

そんなわけで、車道を延々先へ先へ。行く手にはなんもみえません。ここもばりばり北極圏内なので、だんだん寒くなってきた。歩けども歩けどもただ車道は続く。おじさん、なにがあるんだよう!しかしいまさら引き返すってのもなんか悔しい。さびーよー、さびーよー、といいつつ、ひたすら進む。おじさんも寒そうで、ポケットからティッシュを出して豪快に鼻をかんだ。さっきから鼻ずる気味になってきたのびりんが、おずおずと、ティッシュを分けてくれないかおじさんに頼んだ。
「ハミ?」
「ちがーう、紙!」
「ナミ?」
「か・み~!」
どんなやり取りだったか忘れたけど、ティッシュペーパーがなかなか通じない。
「ああ、これ、これか」
おじさんは、ティッシュをわさっとつかんでのびりんに差し出す。
「ありがとう!でも1枚でいいです」
いいからとっておきなはれ、といわんばかりに、おじさんはまたがっさり差し出す。

いったい、うちらどこに向かってるんだろ~?えーかげん帰りたい、と思ったところで、私たちは道路際にある小さな池に着いた。
ここ、ここ、とおじさんはいう。ん?この池がなに?
やんね。
ああ、どうやらこの池は、YHのオーナー、ヤンネさんが魚を養殖している池らしい。これをみせたかったのか、おじさんは。
と、そこにヤンネさんとおとうさんが車に乗ってやってきた。どうやら今から魚をとるらしい。

et145.gif

親子船。

しばらく親子の釣りを見学して、もー凍えそうになってきたので、少々足早気味にYHに引き返す。おじさんはさすがにちょっと疲れたのか、歩みがのろくなる。さっき通る人みんなに挨拶しまくってたし、森のナゾの骸骨に案内してくれたり、ヤンネ親子と友達ノリでフィンランド語でなんだかんだ会話をしていたので、私たちはおじさんはこのご近所に住む人だと思っていたのだけど、YHの中まで付いてきたおじさんは、じゃあね、と客室のひとつに入っていくではないの。

宿泊客だったんかい。
おじさんのナゾは深まる・・・。


スポンサーサイト

| フィンランド | 02:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://vackersno.blog83.fc2.com/tb.php/17-6465b787

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。