FC2ブログ

スウェーデン・フィンランド・イタリア・トルコ周遊+食日記

Sweden/Finland/Italy/Turkey4カ国2ヶ月間の周遊記。 バックパッカーのためのホステルレビューつき。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日曜日のムーラ

Sunday, 24 Sep. Rattvik - Mora

et316.gif


ダーラナ地方はこの週末にかけてどんよりする、と天気予報はいっていた。朝起きたときには曇っていたけど、お昼すぎのムーラ行きのバスに乗るまで時間があるので、シリヤン湖畔の白い教会までお散歩にでかけた。幸いぶらぶら歩いているうちにどんどん晴れてきた。赤い厩舎をバックに白い馬が草をはんでいるのをみながら、教会まで歩いて30分足らず。

プリンセス・ケーキって知ってる?スウェーデン語ではプリンセス・バーケルセっていうんですが、クリームをたっぷりとジャムをはさんだスポンジを、緑色のマジパンでくるんだスウェーデン特有のケーキ。そのせいか?スウェーデンってアーモンドの消費量がかなり多いらしい。聞いた感じも見た目もすっごく甘そうながら、実はこれが私がスウェーデンで一番食べてみたかったもの。すでにストックホルムで食べたけど、お店によってずいぶん味が違うみたいなので、みかけると食べ比べずにはいられない。駅前の広場に面したパン屋さんが結構にぎわっていて(ってゆーかここしかあいてないからか?)、覗いてみると、おいしそうなプリンセス・ケーキがあったので迷わずお買い上げ。どうです、甘そうでしょう!でも、これが思ったよりずっと甘さ控えめでぺろっといけちゃうのね。これなかなかおいしかった。しかもストックホルムの値段の3分の2くらい。

et305.gif


そしてバスに乗ってムーラへ。鉄道のほうが安いしずっと早く着くけど、途中の景色がみたかったのであえてバスにした。これが正解!緑に映える、白い窓枠の赤い木のおうちが並ぶ、小さな、かわいらしい村に止まりながら、白樺林を抜けていく。どこの村にも、真夏祭りのメイ・ポールが立っている。足をぱたぱたさせて、スウェーデンっぽいスウェーデンっぽい!と叫びたい感じ。途中乗り込んだり降りたりする地元の人たちの生活がかいまみえるので、ローカルバスに乗るのは大好きです。

et327.gif


1時間ほどしてムーラに着いた。今まで抜けてきた村に比べると格段に大きな街にみえる・・・といっても小さいんだけど。やっぱり日曜なので、街はがら~んとしていて人の姿がない。バスを降りようとしたときに、バスのドライバーさんが「Welcome to Mora!」と言ってくれた。

真っ赤な木造の教会のそばから100メートルほど伸びる商店街が街の中心部、とはいっても数軒のカフェや食堂と小さなスーパーをのぞいて、お店は全部閉まっている。もう少し先に進むと、小さな運河を取り巻くキャンプ場と、工芸品を売るお店が集まっているかわいらしい通りがあるので、そのへんをうろうろ。といってももちろん工芸品屋さんは全部閉まってますよ。人がいないので物音もしないし、ほんとにのどかな日曜の午後のお散歩となった。もちろんここにも大きなメイ・ポールがある。

et312.gif


適当に歩いていると、運河がもう少し大きな川に合流して、その川沿いに細いウォーキング・コースがのびているのをみつけたので、この道を歩いてみることにする。

et314.gif
スポンサーサイト

| スウェーデン | 03:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

すみません。今のブログを閉めることになりました。
もしよろしければ、メインブログの「イタリア・ヴェネトの思い出」(http://blog.goo.ne.jp/padovapam24
にお立ち寄りください。

| viamonta | 2007/01/20 01:58 | URL |

viamontaさま

お、blog1本化されたのですね。
リンク変えておきました。ご確認くださいませ。

| miyuki | 2007/01/21 23:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://vackersno.blog83.fc2.com/tb.php/28-9d59302b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。