FC2ブログ

スウェーデン・フィンランド・イタリア・トルコ周遊+食日記

Sweden/Finland/Italy/Turkey4カ国2ヶ月間の周遊記。 バックパッカーのためのホステルレビューつき。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そして誰もいなかった

Tuesday, Sep. 26 2006 Borgholm

et400.gif


バスは50分ほどでボリィホルムに着いた。橋をわたってから街まで、なんにもないなんにもない、全く何にもない。
木も生えていないぺたんこな土地に、牧場や畑がときおりあるだけ。時々遠くに風車が見える。昔ながらの、今は止まっている木造の風車、それに現在稼動中のモダンな風車。かつては2000を越える風車があったそうで、今でも400ほどは残っているそうな。

et392.gif

et384.gif


ボリィホルムはエーランドの中では大きな街で、海に面しているあたりには大きなリゾート・ホテルもあるし、目抜き通りはかわいらしいお土産やさんが並んでいてにぎやか・・・なんでしょうね、シーズンには。今はその大きなリゾート・ホテルは営業すらしてなく静まり返っているし、街の中にも・・・人がいません。やっぱしね。なんかうらさびし~!

この街にはYHがふたつある。私は、街のど真ん中にあるYHに予約のメールをいれておいたけど、返事は返ってきていなかった。でもこのYHはカフェに併設されているような形だから、そのカフェに行けばなんとかなるか、と住所を頼りに行ってみた。結構広々としたカフェは・・・やっぱやってませーん。しかし横にあるYHのドアには、「泊まりたい人はここに電話して」と電話番号が貼ってある。どうにかオープンはしているみたい、よかった~、と、テレカを買って電話してみる。スウェーデンの公衆電話はすっごく高い!携帯にかけたらテレカなんてあっという間になくなる。

電話をすると、明るい感じのおばちゃんが出た。
「あのー、YHに泊まりたいんですけど、あいてます?」
「ああ、泊まれるわよ。じゃあ今から開錠のコードをいうから、それで開けて勝手に入って勝手にやってー。宿泊代は、チェックアウトするとき取りに行くからそのときでいいわよー。部屋は、ひとりだったら、そうねえ、7号室でも使っといて。じゃあコードはね・・・」
えええ?そんなアバウトな・・・。

開錠コードを入れてドアを開ける。階段を登ると、YHというよりはB&Bのような、かわいらしい部屋が並んでいる。キッチンもおうちのキッチンみたいで、普通のおうちにお邪魔してるみたい。・・・誰かいればね。

そう、ここに来て、ついに私はYHにひとりきり~。スタッフも、受付の人すらいないのです。YH丸ごと借り切り!

et379.gif



一息ついて、街のインフォに行く。とにかく自転車を借りなければ、ここですることはなにもない。しかし、なんと街のレンタサイクル屋は既にシーズンの営業を終っていた・・・。
「4km離れた隣の町に行けば、ガソリン・スタンドで自転車貸してくれるかもだけど、ここではもうどこもやってないわ」

・・・この、エーランド北部の中心地というべきこの街でレンタサイクルやってないのに、そんなちっこい集落で自転車借りれるのか??まあ、その街までバスが出ているので、明日行って見るしかないじゃないの。もしなかったら・・・なにするべ、明日・・・。

ボリィホルムの街からのびているお散歩道を通って、廃墟のお城を観に行く。そこへいたる道で、ほんとに誰もいないんですショット。

et381.gif


さて。ごはん食べるトコもなさそうだし、街の小さなスーパーでパスタと野菜とソースを買って、今日は自炊。部屋着に着替えて、TVつけてごはん作ってたら、なんだかすっかりおうちにいるような気分。

本日のお宿↓



STF BORGHOLM/EBBAS  230SEK

ボリィホルムの街のど真ん中にある。1階はカフェ(でも閉まってたけど)。
こんな地方で1泊230SEKは高いけど、部屋はシングル~多くても4人部屋くらいのかわいい部屋ばかりで、YHというよりはB&Bみたいな造り。ボリィホルムには町外れにもうひとつYHがあります。
なにしろ私ひとりきりだったので(笑)、オノレの家のごとく、もーくつろぎまくり。HPの写真を見る限りでは、夏は下のカフェにオープン・スペースも出来てにぎやかで楽しいかもね。
スポンサーサイト

| スウェーデン | 02:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

そして誰もいなかった

こんにちは~。YH貸切、しかもスタッフなしって、なかなかできない体験ですね~。鍵も自分で開け、お代は帰る時になんて、おばちゃんおおらか過ぎる~!
でも旅先で自分の家のように過ごせるなんて、ちょっと素敵ですね♪

| ny-cafe | 2007/03/22 20:49 | URL | ≫ EDIT

ny-cafeさま

そう、面白かったけど、でもふつうのおうちサイズならともかく、何部屋もあるおおきなとこにぽつねんとひとり、って結構怖かったですよ。寝るとき部屋の電気は消したけど、廊下の電気は悪いけどつけっぱなしにさせていただきました。ここには2泊したけど、2日ともひとりっきりでしたよー。

| miyuki | 2007/03/23 00:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://vackersno.blog83.fc2.com/tb.php/34-0cef7267

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。