FC2ブログ

スウェーデン・フィンランド・イタリア・トルコ周遊+食日記

Sweden/Finland/Italy/Turkey4カ国2ヶ月間の周遊記。 バックパッカーのためのホステルレビューつき。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベルガモで子ヤギが通る

Tuesday, Oct. 3 2006 Bergamo

et509.jpg


イタリアに到着。たった3時間ほどのフライトながら、明らかに空気の温度が違う。夜なのに暖かい。着いたのが夜だったので、到着日はどこにも寄らずにまっすぐベルガモのYHに移動。今夜一晩ここに滞在して、翌日の夕方飛行機でシチリアに向かう。

ベルガモは以前来たことがあるので、今回は半日だけあてもなく旧市街を探索することにする。この街は、高台にある旧市街、チッタ・アルタと、そのふもとに広がる新市街、チッタ・バッサに別れている。チッタ・バッサからチッタ・アルタへは、バスでも行けるし、短いフニコラーレというケーブル・カーでも登れる。下から見上げる旧市街もきれいだし、丘から眺める新市街もなかなか。新市街はなんの変哲もないイタリアのフツーの街、という感じで、こういうところをぷらぷら歩くのも楽しい。旧市街は古い街並みや教会や、かわいいお土産やさんやカフェが並んでいて、観光客もいっぱい。でも公園では地元の子供達がそれぞれお気に入りのチームのキッズ・ユニを着こんでサッカーに興じていたり。かわいい。このチッタ・アルタからはさらにもうひとつのケーブル・カーでもう一段高い丘にも行けるので、ここからはすんばらしー景色が望める。

YHで同室だったフィンランド人のインゲちゃんも、半日だけ散歩するというので、なんとなく一緒にぷらぷら。彼女はこのあとミラノにいるお友達に会いに行くという。
「どうしようどうしよう。ミラノってすっごく都会で大きな街でしょ?ちゃんと友達に会えるか、ひとりで迷子にならないか心配~!」
休暇はだいたい山に行ってキャンプ、という大自然アウトドア派のインゲちゃんはミラノに大分びびっている模様。フィンランドの女の子は素朴でかわゆいなあ。

アルタに行くのに、バスはくねくね九十九折の細い坂道を登っていく。そこへ、ヤギの団体がやって来た。
もちろん車はストップです。後ろから犬がやぎをおいたてながら坂を登っていく。

et519.jpg


よーくみると、ロバさんがポケットに子ヤギさんをいっぱいつめて運んでおります。
子ヤギちゃんかわゆい~!

et520.jpg


インゲちゃんと別れたあと、フニコラーレの下に手ごろなレストランがあったので、ここで軽くランチ。なすのラザニアというのがあったのでこれを頼んでみると、パスタの代わりになすの薄切りを使ったラザニアだった。おいしい~!しかもたったの5ユーロ。びばイタリアの食!!

本日のお宿


Ostello della Gioventu Bergamo

街の中心(バッサ)からバスで10分ほどの、丘の上の住宅地にあるYH。新しくて大規模。部屋は清潔だし、窓が大きくて全体が明るい感じなので泊まりやすい。キッチンはなかったかな?もともと団体客用に作ってあるみたいで、ダイニング・ルームも大きい。ランドリーも完備。ベルガモの空港からも近く、バス2本乗り継いでも20分くらいで来れるし、旧市街にもバス1本、10分ほどで行けるので、郊外とはいえさほど不便はない。結構おすすめです。ここ。
スポンサーサイト

| イタリア・・・北部 | 01:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ついにイタリア編ですね

ベルガモですか。
傭兵隊長バルトロメオ・コッレオーニの町ですな。
こじんまりとした旧市街が印象的でした。

| padovapam24 | 2007/07/03 03:00 | URL |

padovapam24さま

特になにがあるというわけでもないですが、
なんとなくフツー感が好きです。この街。

| miyuki | 2007/07/04 01:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://vackersno.blog83.fc2.com/tb.php/44-283cc4e9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。