FC2ブログ

スウェーデン・フィンランド・イタリア・トルコ周遊+食日記

Sweden/Finland/Italy/Turkey4カ国2ヶ月間の周遊記。 バックパッカーのためのホステルレビューつき。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜のお散歩

Saturday, Oct. 7 2006 Ragusa

et672.jpg


腹ごなしに夜の街をお散歩。
土曜の夜だからか、ドゥオモ広場は10時を過ぎても子供達が走り回っていてえらくにぎやかだけど、一歩脇道に入ると誰も歩いていない。ライム・ストーンでできたラグーサ・イブラの街並みが、山吹色の優しい光に照らされるとそれは幻想的な感じ。
もるとろまんてぃこ~!

et680.jpg


et682.jpg


迷路のように入り組んだ小道はどこを切り取っても絵になる。
柔らかい山吹色一色の街で、ドゥオモのクープラだけがクールに青く照らされる。おまけに今日は満月。ほんとステキ。

et675.jpg


あまりにも誰もいないので、遅くまで一人でほっつき歩いていても全然怖くない。
まーこのへんは自己責任で。でも、ラグーサってほんと平和で静かな感じの街なのですよ。

こんなすてきなところを、ひとりで歩くのはちょっともったいないか?
まあほんとに幻想の世界に入り込んだみたいで、嬉しくてしょうがない気持ちもあるけど。でも一晩だけにしたのはもったいなかったな。うーん、次回は絶対好きな人と来る!と思わずにはいられない、ラグーサ・イブラの夜だった。

et664.jpg


というわけで、ラグーサにお越しの皆様、日帰りはもったいないですよ!!
夜の雰囲気はとっても独特なので、最低1泊はするべし!

B&Bの大きなドアを、音がしないようにそっと開けて部屋に戻る。
シャワーを浴びて、日記を書いて、電気を消してベッドに入ったけど、カーテン越しにほんのり、黄色い光がみえると、やっぱり名残惜しくて、夜中1時にふたたびベッドを抜け出して、お散歩に出てしまった。
そしたら美猫に会いました。

et676.jpg
スポンサーサイト

| イタリア・・・シチリア | 01:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://vackersno.blog83.fc2.com/tb.php/57-37e9911b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。